レビュー
» 2013年12月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ファイルサーバが容量不足になっても「ストレージ増設」を選択しなかった先進企業10社の理由

ファイルストレージの容量は、年間で平均50%〜70%も増加しているというが、単純にストレージの追加を行うだけでは問題は解決しない。本資料ではストレージの容量不足を抱えていた企業10社が、実際に取り組んだ解決方法について、実際のデータとともに紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 業務で利用するファイルデータが重くなりつつある中、ファイルストレージ容量は年々増加している。しかし、単純にストレージの追加を行うだけでは問題は解決しない。

 なぜならストレージを増やすことで、導入にかかるコストや管理するストレージ対象が増えるだけでなく、バックアップ作業の時間が増え、また万が一、障害が起こった際にリストアを行うための「業務停止時間」が長時間化するといった、ストレージの運用・管理負荷の増大といった問題が発生するからだ。

 本資料では、上記の様な課題を抱えていた企業10社が、実際に取り組んだ解決方法について、実際の数値データとともに紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -