ニュース
» 2013年12月09日 11時51分 公開

NEC、クラウド認証サービスを機能強化

新たにマイクロソフトのOffice 365に対応し、複数の業務アプリケーションとシングルサインオンで利用できる。

[ITmedia]

 NECは12月9日、法人向けクラウド認証サービス「NEC Cloud Authentication」の機能強化を発表した。新たに、マイクロソフトの「Office 365」サービスと連携する。

 NEC Cloud Authenticationは、IDとパスワード、ソフトウェア証明書を用いた二要素認証により、スマートフォンやタブレット端末などからIDとパスワード、デバイスによる認証を行うことで、業務アプリケーションへのアクセスを可能にする。OpenIDやSAMLなどに対応しており、複数のアプリケーションをシングルサインオンで利用できるほか、Active Directoryとの連携で既存の社内IDも連携させることができる。

 機能を強化した同サービスの利用価格は、50ユーザー時で月額22万円(税別)。Office 365のほか、SalesForce.com、GoogleAppsにも対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -