レビュー
» 2013年12月10日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ時代の検索テクノロジーの進化を知る

1990年代からWeb上の膨大な「ビッグデータ」を相手に進化を続けてきた検索テクノロジー。現在の検索テクノロジーでは何が可能になったのか。ユーザーとデータを真の意味で結び付けるカギを探る。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ここ最近であっという間にビッグデータ活用の重要性が注目されるようになった。しかし、「サーチ(検索)」テクノロジーは、1990年代からインターネット上の膨大な情報の中から、必要な情報を誰もが簡単に、ストレスなく引き出すことを目指して進化を続けてきた。Hadoopも基はGoogleが公開した情報をベースにオープンソースとして開発されたプロダクトだ。つまり、検索技術は当時から既にビッグデータを扱う基盤だったわけだ。

 このWebキャストでは、ウチダスペクトラムが戦略的提携を結ぶLucidWorksのファウンダーの1人であり、チーフサイエンティストのグラント・インガーソル氏が登壇。Hadoop、HBase、Mahoutの基盤を検索テクノロジーで統合した「LucidWorks Big Dataサービス」による北米での活用事例と狙い、成果について解説している。インガーソル氏はビッグデータ活用の本質は「そこから何が取り出せて、ビジネスの判断にどう活用できるか」が重要だと語る。それを実現する「Search Discovery&Analytics」コンセプトの全貌を知ってほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -