ニュース
» 2013年12月17日 15時29分 UPDATE

導入事例:札幌大学、仮想デスクトップにウイルス対策を採用

約400台の仮想デスクトップ向けに、エージェントレス型のセキュリティソリューションを導入した。

[ITmedia]

 札幌大学は、学生の情報教育用に構築した仮想デスクトップ(VDI)に、エージェントレス型のウイルス対策を導入した。対策を提供するトレンドマイクロが12月17日に発表した。

 同大学はVMware Horizon Viewによる約400台のVDIを運用し、講義の度に学生がログインすることで、サーバへの一時的なアクセス集中が発生。各VDIにインストールされた従来型のウイルス対策ソフトが、ログイン後に一斉に起動される際に生じる過負荷が課題になっていた。

 そのため、エージェントレス型のセキュリティ製品を検討。実績面からトレンドマイクロの総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」を採用した。10月に運用開始して以降は安定稼働を継続しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -