ニュース
» 2013年12月17日 15時31分 公開

ファイア・アイ、日本企業向けのセキュリティ事象即応サービスを発表

マルウェア感染やサイバー攻撃などのセキュリティインシデントに数時間以内に対応する。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のファイア・アイは12月17日、セキュリティインシデント検知時に解析と対応策を即時に提供するフォレンジック・サービス「FireEye Rapid Reponse Service」を2014年1月から提供すると発表した。

 同サービスは、企業から提出されたファイルやURLをファイア・アイで解析し、解説レポートや対応策を4時間以内に回答する。レポート(英文)では悪意のある振る舞いやファイルの有無、C&Cサーバのドメイン名やIPアドレス、データ漏えいの有無などを解説する。

 サービスメニューはチケット制で3種類を用意。ファイルもしくはURLの解析・レポートおよび対応策の提供を4時間以内に行うオプションAとB、および同社専門家が24時間以内に2時間の電話相談を行うオプションCを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -