ニュース
» 2013年12月18日 10時00分 UPDATE

Computer Weekly:ロータスF1チームが1レースで収集するデータは何バイト?

ロータスF1チームは集約型データセンターを構築し、プライベートクラウドを稼働させる。IT部門はデータ処理能力の向上とコスト削減によってマシン開発に貢献する。

[Cliff Saran,ITmedia]
Computer Weekly

 ロータスF1チームは間もなく、2015年度のチャンピオンシップ優勝に向けたマシン開発に合わせて、集約型データセンターインフラの運用を開始する。

 VMworld 2013 Europeにおいて、ロータスF1チームのIT/IS専門部長のマイケル・テイラー氏は、「F1はテクノロジーに関しては世界最先端のスポーツだ」と語り、ITは同チームを支える重要な要素だとする。

Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号無料ダウンロード

1218_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。プレミアムコンテンツのダウンロードにはTechTargetジャパンへの会員登録(無料)が必要です。

Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号:Windows Server 2012 R2徹底レビューダウンロードページへ

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ロータスはEMCと4年契約を結んでいて、EMCは2014年の開発パートナーになっている。「このパートナーシップの眼目は、チャンピオンシップに挑むに当たり、ロータスF1チームの既存のインフラを刷新することだ」と、テイラー氏は説明する。

 「ITが関わる範囲は、設計、研究開発、エンジニアリング、トラックサイドの全てに及ぶ」といい、IT部門はチームの一員として全面的にチームを支援している。適切なデータを適切な人に適切なタイミングで届けることは、有効なビジネスアナリティクスの理念の1つだ。F1では、設計段階でもレース当日でもアナリティクスを活用している。

 「F1は空力開発が全てだ。自チームと競争相手のパフォーマンスを評価する。サーキットごとに内容は違う」とテイラー氏は言う。

 マシン開発では、複雑な流体力学シミュレーションデータ、マシンの60%の大きさのモデルを使って得た風洞データ、実際のサーキット上のデータを総合して考える必要がある。テイラー氏は、「60%の大きさのモデルを使った風洞データと、サーキットでの実際のパフォーマンスデータの2種類のデータを数式を使って処理し、その結果を取り込むことで優れたCFD(数値流体学)シミュレーションを実現し、絶えずマシンの改良を図っている」と説明する。

 F1マシンはプロトタイプのたまもので、1シーズン中の改良は3万回に及ぶ場合がある。シーズン中、レースエンジニアは1万5000点もの図面を扱う。

 データ処理に関しては大きな課題がある。それは、必ずしも単純にデータの量の問題ではなく、変更の多さ故でもある。「1時間のうちに100GバイトのCFDデータを生成することもある」といい、通常のグランプリのレースでは、50Gバイトものデータを収集することもある。

 テイラー氏によると、トラックサイドのアナリティクスの意義は、ITによってレースエンジニアに競争上の優位性をもたらすことだという。「エンジニアにとっては、10分の1秒が違いを生む。例えば、ドライバーが1ラップ走るのに80秒かかり、1ラップのデータの処理に80秒かかる場合、0.1秒がピットインの判断に影響する可能性がある。タイミングによっては、ドライバーはもう1周回らないとピットインできないからだ。一連の処理時間が短縮されれば、(レース戦略を)改善できる」。そのため、IT部門はレースエンジニアと同じように、F1チームの一員となっている。

優勝するためのデータセンター

 ロータスF1チームの現在のデータセンターは、マルチレイヤースイッチネットワークを使って構成されている。物理サーバと仮想サーバから成る1つのデータセンターで、手動で階層化したNASストレージを使用している。

 同チームはこの6カ月間に、新しいデータセンターインフラとして拡張性とアジリティの高いプライベートクラウドを構築してきた。新しいインフラにプライベートクラウドを採用したのは、複数のアクティブなデータセンターを使って短時間でプロビジョニングを実現し、オンプレミスとクラウド間で負荷分散とデータ共有を行う必要があるためだ。

 「EMCとのパートナーシップによって集約型インフラを構築したことで、ITのアーキテクチャはシンプルになった」(テイラー氏)

 ロータスF1チームのプライベートクラウドは、VCEのvBlockを基盤とするポリシーベースの階層型ストレージを提供する。「ホットデータ(アクセス頻度の高いデータ)が適切な場所に保持されるように、ストレージを階層化している」と、テイラー氏は説明する。必要な場所に必要なときにデータにアクセスできるか否かが、レースの勝敗を分ける場合があるからだ。

 ロータスF1チームは、VCE vBlockの他に、EMCのVNXストレージアレイとAtmosオブジェクトストレージ、VMwareの仮想化ソフトウェアも使用している。また、EMC VNXアレイをデータセンターに導入する予定だ。

コスト削減を促進

 IT部門は、このようなビジネス要件をサポートし、コンプライアンスデータを提供し、それらを全て予算内で行わなければならない、とテイラー氏は言う。IT費用を抑えることで浮いた予算は、マシン開発に回すことができる。「効率化できれば、その成果をチームに還元できる」

 これは、2014年のシーズンに向けてチームが準備をする際のポイントの1つになる。「予算のバランスを考えて2013年のマシンと2014年のマシンを開発し、シミュレーションと予測分析を行う必要があった」

 テイラー氏によると、レースエンジニアは豊富な過去データを参照でき、これは各サーキットに最適なレース戦略を決定する上で役立っているという。「現在も有効な、あるサーキットについての10年前のレギュレーションの情報が見つかる場合がある」

 過去の記録をすぐに参照できることが重要なのはこのためだ。「エンジニアに必要な情報をITが提供し、エンジニアが探しに行かなくても済むようにしたい」(テイラー氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ