ニュース
» 2013年12月20日 12時42分 UPDATE

米Target、約4000万枚のクレジットカード情報流出を確認

11月27日から12月15日の間に米国内の店舗で買い物客が使ったクレジットカードやデビットカード約4000万枚の情報が不正アクセスされた可能性があるという。

[鈴木聖子,ITmedia]
trgt01.jpg

 米小売大手のTargetから顧客のクレジットカード情報が流出したと伝えられた問題で、Targetは12月19日、米国内の店舗で買い物客が使ったカード約4000万枚の情報が不正アクセスされた可能性があると発表した。

 Targetによると、不正アクセスされた形跡があるのは11月27日から12月15日の間に米国内の店舗で使われたクレジットカードやデビットカード約4000万枚の情報。カード保持者の氏名、カード番号、使用期限、3桁のセキュリティコードの流出が疑われるという。

 発覚後は直ちに司法当局や金融機関に通報して対応に当たり、問題は突き止めて解決したと説明している。また、外部の調査会社の協力も得て今回の事件について徹底調査を進め、再発防止策を講じる方針だという。カード情報に不正アクセスされた経緯や原因については明らかにしていない。

 影響を受けた可能性のある顧客には、クレジットカードの利用明細をチェックして不正使用された形跡がないかどうかを確認するよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -