レビュー
» 2013年12月25日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:既存データベースシステム最大の課題「コスト高」を解決するには

既存データベースシステム最大の課題はやはりコストだ。「IBM Power System」と「IBM DB2」が実現した、データベースシステムの低コスト運用の秘密を明かす。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビッグデータ活用を見据えたデータベースシステムを構築する上で、最大の課題となるのは「コスト」の壁だろう。「IBM DB2」は、パーティショニングや高可用性オプション、データベース運用の自動化およびチューニング機能を標準で使えるため、他社データベースに比べ低価格で利用できるのが大きな特徴だ。

 この資料は、他社データベースに比べて1コア当たり5年間で2分の1のコストでの利用を実現した「IBM DB2 Enterprise Edition」、および開発段階からIBM DB2との最適化が考慮された「IBM Power System」の特徴を解説している。また、移行診断からシステム構築、保守、運用まで、トータルサポートするCTCのサービス内容も紹介している。データベースシステムのランニングコストを見直したい企業にぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ