ニュース
» 2013年12月27日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:クラウドサービスのセキュリティに関する誤解

インターネット上のサービスなどを提供する組織の間では、クラウドサービスが当たり前に使われるようになった。では、企業も社内インフラ全体をクラウドサービスに移行すべきなのか。これをめぐる一般的な議論で抜け落ちているポイントを説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 一般企業は、クラウドサービスをどう使うようになっていくか。社外に向けたサービスのためにクラウドサービスを使うのは比較的自然だとしても、社内で運用されている社内アプリケーション/データをわざわざ移すべきなのか。安易にハイブリッドクラウドが正解だという人も多い。

 セキュリティについて十分考察することなしに、プライベートクラウド/パブリッククラウド/ハイブリッドクラウドを語るのは空論でしかない。そして、現在のクラウドサービスは、一般的にはセキュリティに関する説得力が不足している。

 IT INSIDERでは今号と次号にわたり、一般企業における社内アプリケーション/データを対象とした、クラウドサービスの利用とセキュリティとの関連について考察する。

クラウドサービスのセキュリティに関する誤解

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -