レビュー
» 2014年01月06日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:ERPか手組みか? 多様化する顧客やグローバル化へ対応するIT基盤の最適解

事業の海外展開やマルチチャネル対応、市場のロングテール化など事業成長に対して最適な基幹システムはERPでよいのか?事業拡大のために味の素やベストバイが選択した基幹システムのポイントと導入効果を紹介する

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 市場のリーダーシップは顧客側に移りつつある。企業が売り上げを確保・拡大するためには、従来のプロダクト・アウトの発想ではなく、顧客側の嗜好や購買チャネルの多様化に企業側から積極的に歩み寄っていく必要があるということになる。

 そのためには、多様なニーズやチャネルに柔軟に対応できるビジネスプロセスを構築しなければいけない。かつては「全顧客の2割から売上の8割が得られる」とされてきたのが、今では「全顧客の4割から売上の6割」いわゆる「ロングテール顧客構造」へと顧客構造がシフトしている。つまり、小口化した多様なセグメント顧客を万遍なくカバーしなければ売上を確保できなくなってきているのだ。

 しかし実態はといえば、チャネルごとに販売管理システム、購買管理システム、在庫管理システムなどがばらばらに構築され、複数チャネルを包括した全社的な顧客ニーズ把握や商品提供の実現にはほど遠い企業がほとんどではないだろうか。

 味の素やベストバイが解決のために選択したソリューションとその効果を交えて説明する。

 製造業、流通業などサプライチェーンの最適化に課題を抱えている方にぜひお薦めするコンテンツである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -