レビュー
» 2014年01月07日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは

デスクトップ仮想化とユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションの連携利用により、エンドユーザーのコンピューティング環境とコミュニケーション環境を提供する真の仮想ワークスペースを構築することができる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 Windows 7への移行、私物端末の業務利用(BYOD)の潮流、事業継続計画(BCP)などの観点から、新しいワークスタイルの導入が国内でも求められるようになってきた。場所やデバイスを選ばずにどこででも同じように仕事ができる。

これを実現するのがデスクトップ仮想化とユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションの連携利用だ。

 この資料では、国内でワークスタイル変革が求められている背景をまとめるとともに、デスクトップ仮想化ソリューション「XenDesktop」とUCの快適な連携利用を実現する

「Cisco Virtualization Experience Infrastructure(VXI)」のさまざまな技術要素を紹介。

 デスクトップ集約密度、ネットワーク最適化、音声・映像品質の確保といった、デスクトップ仮想化とUCにおける各種性能・機能について解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -