ニュース
» 2014年01月07日 11時53分 公開

シマンテック、ストレージ管理ソフト最新版の提供を開始

Storage Foundationの最新版では利用頻度の高いデータをSSDにキャッシュすることでパフォーマンスの向上を図るなどの機能が盛り込まれた。

[ITmedia]

 シマンテックは1月7日、ストレージ管理ソフトウェア製品の最新版となる「Storage Foundation 6.1」の提供を開始した。

 最新版ソフトでは「SmartIO」という技術を採用、アプリケーションの稼働環境を把握しつつ、利用頻度の高いデータだけをローカルのSSD上にキャッシュする。これにより、従来型の二次ストレージと比較してパフォーマンスが最大400%向上するとしている。また、「Flexible Storage Sharing」という技術も採用。ローカルストレージへアクセスするような直観的な感覚でリモートサイトのストレージにアクセスできるという。こうした技術の活用で、ストレージに関するコストを最大80%削減できると説明する。

 同社によれば、企業でデータをビジネスの意思決定へスピーディーに生かすニーズが高まり、パフォーマンスの高いSSDの活用が広がっている。最新版の機能をこうした動向を受けてもので、SSDを活用すればSANに比べて大幅なパフォーマンスの向上が見込まれるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -