ニュース
» 2014年01月17日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:カリスマITアナリストが語る、人とマシンの将来

ガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、人々の生活のデジタル化が、ますます深く進行すると語る。インターネットやコンピュータは見えない存在になり、マシンやシステムが人々に代わって判断するようになっていくという。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 IT INSIDER No.10に続き、ガートナーのITトレンドアナリスト、スティーブ・プレンティス氏へのインタビューの後編をお届けする。

 前編で同氏はデジタル化があらゆる産業で進展すると語った。IT業界だけでなく、デジタル化はさまざまな業界にとって不可分の存在になる、それはIT業界のように、製品やサービスのライフサイクルが短縮化することを意味するという。

 今回お届けする後編では、プレンティス氏は人々の生活のデジタル化がますます深く進行すると話している。ソーシャルメディアなどの利用が広がるだけでなく、もの同士がインターネットを通じてつながり、これまで人間が行っていた判断が、徐々にマシンやシステムによって行われるようになっていくと話す。

カリスマITアナリストが語る、人とマシンの将来

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -