レビュー
» 2014年01月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Microsoft Exchange/SQL/SharePoint Serverの仮想化ガイド

自社の業務にとって重要度が高いアプリケーションにこそ仮想化を。マイクロソフトアプリケーションを仮想環境で利用するための実証されたリファレンスアーキテクチャの技術要素を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業は、コスト削減、大規模統合によるビジネスの敏しょう性向上、リソース使用率の改善、自動化と効率化の促進による利益拡大などを目的に仮想化を利用しようとしている。しかし、今日、企業は一般的にあまり重要でない環境に限定して仮想化を配備しているのが現状だ。これは「仮想化促進を妨げる誤った認識」、つまり仮想化するにはアプリケーションが大き過ぎる、複雑過ぎる、リスクが高過ぎるといった考えが浸透しているためだ。

 このホワイトペーパーでは「Microsoft Exchange Server」「Microsoft SQL Server」「Microsoft SharePoint Server」などの企業で導入されている重要アプリケーションを仮想化環境で活用するための、シマンテックのリファレンスアーキテクチャの技術要素を解説している。マイクロソフトアプリケーションの大規模企業環境での仮想化の検証、設計、実装の支援とガイドを行っている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ