レビュー
» 2014年01月24日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:≪SAPマスターメンテナンスの改善事例紹介!!≫ 株式会社ファンケル社にて6割の作業負荷軽減を実現

SAPを導入している多くの企業は稼動後のマスターメンテナンスに課題を抱えている。もしくは課題に気がついていない。本事例ではマスターメンテナンス業務の課題解決と作業負荷が劇的に改善されたポイントを紹介していく。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 SAP導入企業は導入目的の達成と共にマスターメンテナンスという新たな課題を抱える。SAPは正確な経営情報のアウトプットの為に、正確なインプットを要求する。それは情報の発生源への正確なマスター入力・管理・維持の要求に他ならない。ユーザ部門に対する膨大な項目の正確な入力作業である。入力誤りによる作業の手戻りが発生する事もある。

 多くの企業はマスター入力に開発時のデータ移行ツールを活用しているが、その運用にも見落とせない課題がある。企業にとって最も重要なマスターの更新履歴がない、更新時の承認行為がないという課題である。

 本導入事例のお客様でもまさしくこうした課題を抱えていた。残業の常態化に繋がり業務遂行に支障が出ている。複数の工場でそれぞれマスター登録を行っていた為、登録内容にバラツキも発生していた。このような課題を解決した具体的手法と6割の業務改善した効果について紹介していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -