ニュース
» 2014年01月31日 06時40分 公開

Facebook、FlipboardのようなiPhoneアプリ「Paper」を発表

Facebookが、投稿の閲覧と共有に特化したiPhoneアプリ「Paper」を発表した。友達の投稿だけでなく、興味のあるニュースメディアなどの投稿もテーマ別に閲覧できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは1月30日(現地時間)、Facebookの新着情報をカテゴリー別に閲覧・コメントできるiPhoneアプリ「Paper」を発表した。2月3日に米国ユーザー向けにApp Storeで無料公開するという。Android版や他の地域でのリリースについては発表されていない。

 paper 1

 Paperは、Facebookの投稿を1つずつiPhoneの全画面で表示し、横フリップで次々に読んでいくニュースリーダーのFlipboardのようなアプリだ。Flipboardと異なり、表示するのはユーザーのニュースフィードの投稿と、ユーザーがカスタマイズしたテーマ別のFacebookへの投稿になる点。また、Facebookアプリよりも洗練されたユーザーインタフェース(UI)で写真や動画付きの投稿ができる。FacebookはPaperを「友達と世界からのストーリーを閲覧・共有するための新しいアプリ」と説明する。

 paper 2 左からニュースフィード閲覧、メディアからの投稿例、投稿作成

 ユーザーは、「Edit Sections」で自分の興味のあるテーマ(テクノロジー、経済、グルメなど)を設定すると、友達だけでなく、ニュースメディアなどのFacebookページの投稿をテーマ別に閲覧できる。

 UIはシンプルだが凝っており、横長の写真を表示した場合、端末を左右に傾けることで表示部分を移動できたり、ニュースメディアからの記事リンクへの投稿はリンク画像を新聞を開くように指で上にフリップすると記事本文が読める(上中央の図)。ほとんどの操作は片手でできる。

 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは前日の業績発表で、「2014年は新しいタイプのモバイル体験を提供することになる」と語っており、Paperはその1つとみられる。

 同社は過去数カ月、Facebookページのオーナーに対し、画像付き投稿を奨励したり、投稿すべき記事を推奨する「Stories to Share」を立ち上げたりしている。

 Facebookにはこれまで、独立したモバイルアプリとして、Facebook Messenger、Poke、Home(アプリではなくスキンだが)、Instagramを提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -