ニュース
» 2014年02月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:別冊Computer Weekly パブリッククラウドのススメ

他社とハードウェアリソースを共有するパブリッククラウドへの懸念は根強い。一方で、スケーラビリティの確保や保守・運用コストの削減といったメリットもある。リスクを最小化してメリットを最大限に享受するには?

[TechTargetジャパン運営事務局]

「所有から利用へ」。ITのパラダイムシフトをもたらしたのがパブリッククラウドだ。企業は保守・運用から解放され、必要なリソースを必要なときに必要なだけ利用できる柔軟性とスケーラビリティを享受できる。一方で、セキュリティ上の懸念やコンプライアンスによる制約から、パブリッククラウドの導入をためらう声もある。

 本コンテンツでは、パブリッククラウドの提供者へのインタビューと2つの導入事例を通して、パブリッククラウドの意義や使い方を問いなおす。あらためてそのメリットや懸念点の解決方法を紹介し、パブリッククラウド導入を検討する際の一助としたい。

別冊Computer Weekly パブリッククラウドのススメ」のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -