ニュース
» 2014年02月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:グローバル化が加速する製造業を成功に導く経営改革とは

ITによるグローバル化が進む中、製造業の変革はどうあるべきか。マイクロソフト、NEC、アプリソの事例から検証する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 IT革新によりグローバル化が加速、新興国の経済成長の原動力となっている。一方、日本企業はグローバル化の対応に出遅れた感は否めない。こうした背景の下、製造業ではこれまでになく高度な経営のかじ取りが求められている。

 本項では、「グローバリゼーション3.0、これからが製造変革の正念場」をテーマに開催されたITmedia エグゼクティブセミナーの講演をリポート。早稲田大学ビジネススクール教授の平野正雄氏による基調講演では、グローバル化が進む中、製造業の変革はどうあるべきかを考察する。

 また、日本マイクロソフトからは、ビッグデータの活用で製造業の「現場力」を活性化させ、ハードとソフトの両面から製造業を支援していく事例が、NECからは自社のSCMのグローバル標準化を目指した「グローバルSCM改革」の事例を基に日本のものづくりを支援する取り組みが、アプリソからは、同社の提供するグローバル製造オペレーションにおける3つの成功要因について、それぞれ具体的なソリューションを交え紹介された。製造業を取り巻く経営環境が複雑に変化する今日、経営課題解決の参考としてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -