レビュー
» 2014年02月13日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:従来比100分の1の時間でフルバックアップが実現できる最新技術を検証

大量のデータのフルバックアップを従来の1/100の時間でできるということを信じられるか。事実確認のため米国調査会社ESG社がSymantec NetBackup7.5を使用しテストを行った。高速バックアップが可能な理由は?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

■大量のデータのバックアップ作業時間の短縮はどのような技術で実現されたのか■

 テストはランダムに生成された500,000のファイル(サイズ50GB)のフルバックアップをWANを通じて送信し実施するというものである。

 その際に、バックアップを短時間で完了させるための2つの技術を使用した場合、しない場合の比較を行い、バックアップ時間が1/100になることを実証しその理由を明らかにしようとした。

 バックアップの高速化の技術としては「重複排除」がよく知られているが、バックアップソフトは多くの場合ストレージが最適化されたことに気づかず、すでに格納されているかもしれないデータを送信してしてしまうという点で改善の余地があった。

 つまりバックアップ対象の内容分析という面でより賢くなる必要があったのだ。

 シマンテックは定評のある重複排除技術に改善を加えるとともに新技術を実装し、大幅なバックアップ時間の短縮を実現した。当レポートでは最新テクノロジーと実際のテストデータを説明している。

 ビッグデータを効率的に運用するためには高速バックアップは必須といえ、長時間のバックアップに悩むIT運用担当者にお薦めのコンテンツである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -