レビュー
» 2014年02月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:すぐ分かる 最新型マルウェアの脅威と対策(アスキードットPC特別編集)

従来のセキュリティ対策が意味を成さない標的型の攻撃から、どうやって企業を守るか。まずはその手口の網羅的な理解と対策方法を本書を通じて身に付けてほしい。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 最新の標的型攻撃は、高い価値を持つサーバやデータへ直接的な攻撃を行うのではなく、慎重に、複数のステップからなるプロセスを経る。それは「エクスプロイト」(システムの弱点を突くこと、およびそのコード)、「マルウェア」、セキュリティシステムからの「隠蔽」を組み合わせた、組織的なネットワーク攻撃である。

 このホワイトペーパーでは、従来型のセキリティ手法がほとんど役に立たない、構築キットを用いて特定の企業などの攻撃に特化して作られたマルウェアを「標的型攻撃」と定義し、その特徴と危険性、攻撃の流れをまとめている。また、次世代ファイアウォールや「WildFire」といった最新のセキュリティ製品/技術が、どのように標的型攻撃による被害を食い止めるかをまとめている。

第1章:セキュリティにおける最新の脅威とは

第2章:ボット、ボットネット、ボットハーダーについて

第3章:なぜ従来型のセキュリティ手法ではだめなのか

第4章:次世代ファイアウォールはどのようにマルウェアを撃破するのか

第5章:標的型攻撃対策の基本方針とは

第6章:最新セキュリティ技術WildFireとは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -