レビュー
» 2014年02月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較

本資料ではHadoopに仮想化を適用した際の適用分野を紹介するとともに、従来とは異なる仮想化テクノロジーの使用により、これまでタブーとされてきた仮想化環境でも十分な性能を発揮することを確認したIBMとパートナー企業との共同検証結果を掲載している。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビッグデータの分析で今話題のHadoop。現状、そのHadoopの環境はx86サーバーを横に並べスケールアウトさせるのが通例である。理由はX86サーバー上での仮想化は、パフォーマンスオーバーヘッドが生じるためHadoopでは禁じ手と言われているからである。

 IBMは、UNIXのテクノロジーをLinuxサーバーに持ち込んだPowerLinuxと独自の仮想化技術により、その限界を破ることに成功している。2編(前編4ページ、後編8ページ)にわたる本資料では、Hadoopの簡単な解説と仮想化によるチャレンジについて、さらにはHadoop環境においてLinuxサーバーの新たな選択肢であるPowerLinuxとx86サーバーとのパフォーマンス比較、仮想化した際のパフォーマンスやメリットを紹介し、パフォーマンスを求めてスケールアウトさせた結果サーバー台数が増え続け、運用管理コストや電力、データセンターのコストが増え続けている現状に対するソリューションを用意している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -