ニュース
» 2014年02月19日 15時02分 UPDATE

富士通、性能を従来比500倍に高めたDWH製品を発売

富士通は、ビッグデータ分析向けに性能を高めたデータウェアハウス新製品「Symfoware Analytics Server」を発売した。

[ITmedia]

 富士通は2月19日、データウェアハウス(DWH)の新製品「Symfoware Analytics Server」を発売した。

 新製品は、同社の従来製品と比べて最大500倍の検索能力を持つ高性能クエリエンジンを搭載。富士通によれば、6億件(100Gバイト相当)の注文明細レコードを対象に、顧客マスタを結合して売上上位を抽出したところ、従来なら約6時間かかっていた処理を約40秒で完了したという。

 また、ハードウェアリソースを自動認識し、最適なメモリ割り当てを行う「スマートチューニング」技術も搭載。チューニングの手間を軽減するとしている。

photo 利用イメージ

 このほか新製品は、データ活用の各機能にPostgreSQLをはじめとするオープンなインタフェースを採用。これに準拠したERPや帳票作成といった多種多様なツール、アプリケーションパッケージと接続できるという。

photo GUI画面

 富士通では、Symfoware Analytics Serverを同社のビッグデータ活用ソリューション「FUJITSU Big Data Initiative」のミドルウェア製品として位置付け、従来製品とともに順次グローバルで提供していく。また、業種業務向けアプリケーション、テンプレートなども併せて拡充していく計画という。

 コアライセンスの標準価格は980万円(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -