ニュース
» 2014年02月20日 09時30分 公開

ディルバート(344):見掛け倒しの賢さ?

ディルバートとウォーリーを納得させたと思ったら、次の突っ込みですぐに崩壊。やっぱりボスはボスでした。

[スコット・アダムス,ITmedia]

ワシがビジネスについて賢いことを言うのを、コーヒー飲みながら聞くってのはどうだ?


この上ない幸せです

で、何を言うんですか?


会議を招集する唯一の目的は決断するためだ


確かに賢く聞こえる

全く


分かってる、これはちょっとワシの自慢


じゃあ、会議に出て決断するために必要な情報が全て揃っていないと気付いたときはどうするんですか?



お前らが口をきかない方が上手くいくんだ


  


 ボスもたまには賢いことが言えるんですね。まぁ、どこかのマネジメント本から引っ張って来た感がビシビシしてますが。

 Totallyという単語、文章で使う場合は「全体として」「全く」とか「完全に」という副詞として使いますが、会話の中で「Totally!」と一単語だけで言うと、「もちろん!」「全く、だ」「本当だ!」「その通り!」というスラングになります。

 例えば、“Don’t you think she’s hot”(彼女イカすと思わない?)“Totally!”(本当だ!)とか、“You gonna join us?”(一緒に来る?)“Totally!”(もちろん)など。どちらかというと若者がよく使う表現で、乱用するとおバカさんに聞こえます。使うときは程々に。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -