レビュー
» 2014年03月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:技術文書やマニュアルなどのコンテンツ管理の新手法、「構造化コンテンツ手法」とは?

大量な技術文書やマニュアルなどのコンテンツ制作、運用、管理は骨の折れる作業だ。これまでのコンテンツ管理の課題を解決する「構造化コンテンツ手法」の概要とビジネスメリットを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 グローバル市場により早く、より効率的に進出し、浸透するためには、コンテンツ管理が重要な要素になる。しかし、従来のコンテンツ管理手法では、コンテンツがコンテキストにロックインされるため、共有が困難なことが課題だった。ある製品についての説明が別の製品の説明とほぼ同じになることはよくあるため、コンテキストへの依存は問題です。例えば、あるプリンタのインクカートリッジを交換する作業は、恐らく他の15種類のモデルでもほぼ同じだろう。このように労力やコストが浪費されることに加え、技術情報に一貫性がないため適切な情報を見つけられず不満を抱えた顧客が、サポートサービスに問い合わせの電話をかけるようになってしまう。

 このような課題を解決するコンテンツ管理手法として注目されているのが、「構造化コンテンツ手法」だ。構造化コンテンツ手法はその名が示す通り、コンテンツを構造化して再利用可能なコンポーネントに分割する。それらの細分化されたコンポーネントは、XMLトピックに保存される。このホワイトペーパーでは、グローバルでWebサイトを運営する企業のために、構造化コンテンツ手法の概要とメリットを分かりやすく解説している。グローバルでWebサイトコンテンツ管理のROIを達成するための戦略とベストプラクティスを示そう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -