レビュー
» 2014年03月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:かつてない規模の広範なネットワーク可視化 分散処理の傾向と対策

かつてないほどの大量なデータをさまざまな場所で処理している現在、ネットワークトラフィックの可視化は企業活動にとって重要な要素だ。リモートオフィスやブランチオフィスにかかわらず、企業ネットワーク全体の可視化を実現するにはどうすればいいか?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 メインフレーム初期のころは、全てのアプリケーションが中央コンピュータに統合されていた。しかし業界が発展するにつれて、分散処理によってネットワーク周辺で全く新しい事業が生まれてきた。最近はデータ処理を1つまたは複数の主要データセンター内で統合することが企業データ活用のトレンドとなっていたが、振子は再び動きた。

 現在、企業はかつてないほどの量のデータをさまざまな場所で処理しており、クラウドを使用するケースやリモートサイトで直接効率的に処理されているケースもある。このように細かく分散化された場所で重要な処理が増加していることは、トラフィックの可視化を確保する必要性があることを意味している。ミッションクリティカルなアプリケーションを常時スムーズに動作させるために、企業のローカルネットワーク、WAN、データセンター全体でエンドツーエンドのトラフィック可視化が必要だ。

 このホワイトペーパーでは、リモートオフィスやブランチオフィスにかかわらず、企業ネットワーク全体の可視化を実現するために必要なネットワーク可視化ソリューションの要件を示す。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ