ニュース
» 2014年03月25日 09時34分 UPDATE

Cisco、「InterCloud」でクラウドコンピューティングに参入 10億ドル投資

Cisco SystemsがOpenStackベースのクラウドコンピューティングサービス「InterCloud」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは3月24日(現地時間)、企業向けのクラウドコンピューティングサービス「InterCloud」を発表した。向こう2年間でクラウド事業に10億ドルを投じる計画。

 CiscoはInterCloudを「クラウドのネットワーク」と呼んでおり、顧客は既存のデータセンターをInterCloudのパブリッククラウドと連係させ、セキュアなハイブリッドクラウドを構築できるとしている。

 cisco 1

 クラウドコンピューティングサービスとしては米Amazon.comのAWS、米MicrosoftのWindows Azureなどが先行している。Ciscoは世界各国のパートナー企業と協力することで、各国の顧客のデータを国境内に保存できるようにし、企業のコンプライアンス確保を可能にする。米Ingram MicroやインドWipro、オーストラリアTelstraなどがパートナー企業となっている。

 cisco 2

 InterCloudはオープンソースのクラウド基盤OpenStackベースで、「あらゆるクラウドサービスと相互運用でき、あらゆるハイパーバイザーのあらゆるワークロードをサポートする」という。また、パートナー企業を通じてInterCloudで利用するCiscoのWebExやScansafe、SAPのHANA、VMwareやCitrixのDaaSなどを提供していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ