ニュース
» 2014年03月25日 17時21分 UPDATE

富士通、オフコン資産をクラウド化する「FUJITSU Cloud オフコンサービス」提供

富士通が、オフコンのハードウェアリソースをクラウド化し、IaaS型サービスとして「FUJITSU Cloud オフコンサービス」を提供する。

[ITmedia]

 富士通は3月25日、オフコンのハードウェアリソースをクラウド化し、IaaS型サービスとして提供する「FUJITSU Cloud オフコンサービス」を4月14日から提供すると発表した。

 企業が、オフコンをオンプレミス環境上で利用する場合、事業を継続的に安定して運用・強化していくために、かかる負荷は高く、クラウドコンピューティングの需要が高まっているという。

 今回、同社ではオフコン用OS「FUJITSU Software ASP」が動作するプラットフォームを配備したデータセンターに、企業がネットワーク経由でアクセスし、必要なオフコンシステムリソースを月額料金で利用できるサービスを提供。プラットフォームの保守・運用を同社が行うため、企業側の負担は軽減する。

 また、これまでの資産を活用するため、オンプレミス環境からクラウド環境への移行をスムーズにするためのサービスや、移行後のシステム運用を支援するサービスも合わせて提供し、確実な資産の維持や継承が可能になる、としている。

 「FUJITSU Cloud オフコンサービス」利用イメージ

 サービスは以下の4つで構成されており、必要に応じて選択可能となっている。

  • 現行オンプレミス環境のシステム規模に応じた「オフコンインフラ基本サービス」(必須)
  • 業務量やデータ量の増減にも柔軟に対応可能な「オフコンインフラ拡張サービス」
  • 企業が持つ資産の移行を短期かつ確実に実施する「オフコン資産移行支援サービス」
  • 企業の運用負荷軽減に向け運用を支援する「オフコンプラットフォーム運用支援サービス」

 月額利用料は、オフコンインフラ基本サービスが3万5000円からで、利用するハードウェアリソースのCPUやメモリ、ディスク、また追加するオプションなどにより異なる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -