ニュース
» 2014年03月28日 12時00分 UPDATE

ANAグループ、今度はiPhone9000台を導入へ

2011年から約1万台のiPadを導入しているが、新たにiPhone 5s/5cを導入する。

[ITmedia]

 全日本空輸グループ(ANAグループ)が、iPhone 5sおよびiPhone 5cを9000台導入することになった。納入を手掛けるソフトバンクテレコムが3月28日に発表した。

 ソフトバンクテレコムは2011年以降、ANAグループに対して約1万台のiPadを納入しているという。iPadでは客室乗務員や運航乗務員、ライン整備士が、電子マニュアルや教育訓練用の動画コンテンツ、顧客サービス支援などに利用している。

 ANAグループは、新たに導入するiPhoneをオフィスの内線電話に利用する。ソフトバンクテレコムは端末納入と併せ、ANAグループのクラウド型音声基盤と内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を接続させることで、場所を選ばすにコミュニケーションできる環境の実現やコスト削減を支援する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ