ニュース
» 2014年04月02日 10時00分 UPDATE

Computer Weekly:Microsoftデベロッパー製品は「脱Windows、脱プロ開発者」

iOS、Android、HTML5クライアントやLinuxのサポートなど、非Windowsプラットフォーム向けアプリ開発者に目を向ける米Microsoft。同社のデベロッパー製品戦略の真意とは?

[Cliff Saran,ITmedia]
Computer Weekly

 Microsoftも変化の途上にある。2014年2月初め、サトヤ・ナデラ氏を新しいCEOに指名し、MicrosoftはWindowsテクノロジーばかりに集中しているという批判を積極的に払拭しようとしている。

Computer Weekly日本語版 4月2日号無料ダウンロード

0402_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2014年4月2日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。プレミアムコンテンツのダウンロードにはTechTargetジャパンへの会員登録(無料)が必要です。

Computer Weekly日本語版 4月2日号:中古ソフトウェア販売は著作権侵害か?ダウンロードページへ

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 Microsoftは、モバイルアプリに必要なバックエンドシステムのホストとしてWindows Azureを運用しているが、このAzureを開発者が簡単に利用できるようしようと努めている。Hadoopの実行やLinuxのサポートがその例だ。

 また、同社は戦略を変え、ターゲットをプロの開発者からコーダーの広範なコミュニティーへ切り替えようとしている。Microsoftツールの必要性を感じていないコーダーや、複数のプラットフォームに対応するアプリを開発するコーダーなどが新たなターゲットになる。

 同社のアプリケーションとプラットフォーム部門を指揮するプラットフォーム戦略部長ティム・オブライエン氏によると、「クライアント/サーバの時代、プロの開発者といえば、.NETやJavaのプログラムを書き、多くは大学でコンピュータサイエンスの学位を取得してコーディングで生計を立てようとする人たちだった」。

 しかし、現状は異なる。「30歳以下の人たちはソフトウェアがなかった時代を知らない。身近にあるものほぼ全てにマイクロプロセッサが搭載され、プログラミング可能だ」

 技術の進歩と人口の推移が開発者数の増加を後押ししている、と同氏は話す。「コンピュータの仕組みの基本を理解していれば誰でもコードを書けるのか、という意見もあるが、簡単に利用できる無料のツール、ランタイム、フレームワークもある」

 「プログラミングから人々を遠ざけていたやっかいな障壁はなくなった」と同氏は語る。コーディングを職業とする人だけでなく、さまざまな動機でコーディングする人が増え、空いた時間にテンプレートやビジュアル開発ツールを使って多くのアプリを開発しているという。

 クライアント/サーバコンピューティング時代、Microsoftの戦略の中心はプロの開発者だった。だが、多岐にわたるプログラミング言語、フレームワーク、ツールを組み合わせて使用する多様な開発者への対応を迫られているのが現状だ。コーディングといえばWindowsと2〜3種類のUNIXプラットフォームが対象になるという考えは事実上終わりを迎えた。スマートフォンの時代になり、ソフトウェアを取り巻く状況は変化している。「これまで、開発者はソフトウェアのサプライヤーと重ね合わせて自分を見ていたが、そのような一体感はなくなった。かつての開発者は『私はOracle DBAだ』と名乗っていたものだったが、現在の開発者は仕事に合わせて最適なツールを探すようになった」

 この変化に合わせるために、Microsoftもデベロッパー製品の戦略見直しを迫られている。「PowerPointで一日中プレゼンテーションしても何も変わらない。それよりも何を提供するかだ」とオブライエン氏は話す。

 同氏が率いるMicrosoftの開発者チームは、Microsoft以外のテクノロジーとエコシステムへの継続的な投資に目を向けるようになった。

 Microsoftは、米IBMと米Appleと共同でW3C HTML5ワーキンググループの共同議長を務めている。Internet ExplorerへのHTML5機能の実装も続けており、最近はJavaScriptの3D描画拡張機能であるWebGLのサポートも発表した。

 「Microsoftは、開発者の立場に合わせて使用できる幅広い製品を提供することを目指している。Windows PhoneのHTML5対応もこうした戦略の一環で、開発者が現在の自分のスキルを使ってWindows向けのネイティブアプリを作成できるようにする」

 HTML5の他にも、Azureを拡張してPython、サーバサイドJavaScript、PHPをサポートし、さらに米Oracleと提携してWebLogicもサポートする。Azureでは、Ubuntu、CentOS、SUSE Linux、OpenSUSE、Oracle Linuxもサポートしている。

 しかし、同氏によれば、Microsoftのオープンソースに対する実績はこれらをはるかに上回るものだという。同氏は、MicrosoftはLinuxに最も貢献している企業の1社だと語る。「あまり知られてはいないが、当社は米Linux Foundationに2万行のデバイスドライバコードを提供し、Hyper-V上でLinuxディストリビューションを適切に実行できるようにした」

 MicrosoftはHadoopでのHiveクエリを強化する取り組みである「Project Stinger」にも2万5000行のコードを提供しているという。「Azure上でHadoopを実行できるよう、米HortonWorksと協力してさまざまな取り組みを行っている」と同氏は説明する。

 Microsoft .NETプログラミングフレームワークのコンポーネントもオープンソースコミュニティーに提供されている。2013年5月には、Apache 2.0ライセンスの下、ASP.NET MVC、Web APIおよびWeb Pagesのソースコードがリリースされた。

 Microsoftのツールを使用していない開発者に向けて、同氏は次のように述べている。「MicrosoftはMac向けやデスクトップLinux向けのツールも提供している。Azureポータルからは、Azureアプリ開発用のツールを入手できる」

 さらに、Windows Azure Mobile ServicesはWindows Phoneだけでなく、iOS、Android、HTML5クライアントもサポートするため、アプリ開発者はクロスプラットフォームソフトウェアを開発できるとオブライエン氏は話す。「モバイル開発者が複数のモバイルプラットフォームに対応するには、クラウドによるサポートが必要だ。幅広い開発者コミュニティーに貢献するために、当社はこの分野への投資を続けていく」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -