レビュー
» 2014年04月03日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:モバイル対応とBCP対策を見据えたワークフロークラウド化の5つのポイント

今、ワークフローのリプレースや新規導入を考える場合、当然モバイル対応や事業継続計画(BCP)を考慮する企業が多いだろう。その1つの解となる「ワークフローのクラウド化」を検討する上で注意すべき5つのポイントを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 紙の書類に書き込んで署名押印し、上司や担当部署へ回覧、承認・決裁処理を行うワークフローは、どの企業や組織でも見られる普遍的な事務作業だ。近年ではこの一連の作業をシステム化し、電子書類をPCの画面上で扱うワークフロー製品をさまざまなベンダーが提供している。

 しかし、これまでのワークフロー製品といえば社内にサーバを設置する「オンプレミス型」が主流だった。オンプレミス型のワークフロー製品の運用には、運用コストや可用性と拡張性といった課題がある。また、スマートデバイスが普及した現在、モバイル端末にオンプレミス型ワークフローを対応させるには、それ相応の手間が必要だ。さらには大震災などの災害時にも確実に業務を回せる事業継続計画(BCP)も必要だろう。

 そうした課題解決策の1つとなるのがワークフローの「クラウド化」である。このホワイトペーパーでは、オンプレミス型ワークフローの課題やこれまでのワークフロー製品の導入障壁をまとめるとともに、モバイル対応やBCPを見据えてワークフローをクラウド化する上で注意すべき5つのポイントを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -