レビュー
» 2014年04月08日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows XPサポート終了間近、ユーザーデータの移行はどうする?

マイクロソフトによるWindows XPサポートが間もなく終了する。最新OSへの移行は、新規PCを導入すれば解決、とはいかない。最大の課題はXPで利用していたユーザーデータの移行なのだ。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 マイクロソフトによるWindows XPのサポートが2014年4月に終了する。最新OSへの移行を検討し、新規PCを導入する企業も多いが、それだけで対応完了とはいかない。メールや各種ドキュメント、プロファイルなど各従業員のユーザーデータ移行に際し、多くの問題を抱えている。

  • データ移行のためだけにツールを購入し、社内にサーバを構築するのは手間が掛かる
  • 営業時間内に移行作業を行えないため、夜間や休日の作業となる
  • 移行を従業員任せにすると人的ミスが増加、その対応に追われる
  • 拠点が複数・遠隔地の場合、現地での作業負荷が増える

 上記のような問題解決のため、クラウドを使用したデータ移行支援サービスを導入するのも1つの手段だろう。新たなインフラを用意することなく、自動的に複数台のPCでデータ移行が行え、作業時間やコストの削減が可能になる。本項では、ユーザーデータ移行時の問題点とその解決のポイントを整理して紹介し、クラウドベースの移行サービス導入で作業期間や工数削減が可能な利点を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -