ニュース
» 2014年04月14日 16時40分 UPDATE

導入事例:広島工業大、3次元CADも利用可能なVDIシステムを構築

日立のクラウドソリューションを活用して4500人以上の学生が利用するシンクライアント環境を稼働させた。

[ITmedia]

 広島工業大学と日立製作所は4月14日、全学生4519人が利用する「仮想デスクトップ教育基盤システム」を構築したことを発表した。日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のプライベートクラウドソリューションを活用しているという。

 このシステムはVDI環境を提供するもの。学生は学内のPC教室や自習室などに設置された650台のシンクライアント端末から、必要なOSやソフトウェアを搭載した仮想PC環境をいつでも利用できる。また、同システムでは従来のVDIで動作困難だった3次元CADソフトウェアなど画像処理が必要なソフトウェアも利用できるようにし、学習効率を向上させた。

 システムにはVMware Horizon Viewを用い、基盤構築ではVMware vSphereによってサーバ群の仮想化・集約を実施している。広島工業大学は今後、学内から利用できる端末を増やしつつ、学生が自宅など学外から利用できる環境を整えていく方針だ。

hirohitc01.jpg システムイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ