ニュース
» 2014年04月17日 12時47分 UPDATE

中小企業向け災害対策サービス「沖縄DRパック」を販売 キヤノンS&S、クオリサイトテクノロジーズ

NASを利用した新たな中小企業向けDRサービスを、キヤノンS&Sおよびクオリサイトテクノロジーズが提供する。

[ITmedia]

 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)およびクオリサイトテクノロジーズは4月17日、クオリサイトテクノロジーズが運営する沖縄のデータセンターにDR(ディザスタリカバリ)サイトを構築し、保守・監視する中小企業向けサービス「沖縄DRパック」を発表した。同日より販売を始めている。

沖縄DRパック システムイメージ図 沖縄DRパック システムイメージ図

 同サービスは、中小企業に多いNAS(ネットワーク接続ストレージ)を利用した「NASパック」と、Windows Server用の「ファイルサーバーパック」の2種類を用意する。具体的には、顧客のNASあるいはWindows Serverのデータを宜野座のバックアップデータセンター側にレプリケーションし、災害対策として利用するサービス。クオリサイトテクノロジーズがデータセンターのNAS、VPNといったハードウェアやシステムの監視および保守を、関東にあるキヤノンS&Sのサポートセンターと連携して行う。

 顧客のシステムと沖縄データセンター間は、フォーティネットの統合脅威管理(UTM)システム「FortiGateシリーズ」でVPN接続し、セキュアな環境を実現する。

 価格は、NASパック(データセンター利用料金、運用・保守料金、最大8テラバイトの容量)が月額4万7500円(税別)、ファイルサーバーパック(同、最大12テラバイト)が月額5万8500円(同)。初年度に60セットの販売を目指す。

保守体制概要図 保守体制概要図

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -