レビュー
» 2014年04月21日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ時代のデータ保護 物理、仮想、クラウドの保護を簡素化するには?

ビッグデータを徹底活用する環境を整えるためには、「データ保護」の手法についてもじっくりと検討する必要がある。ビッグデータのバックアップ要件に対応するバックアップ/リカバリソリューションの詳細を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビッグデータ時代を迎え、IT部門は「データ保護」の大きな課題に直面している。リモートサイトに保存されている重要なデータを、複数のポイントソリューションを導入せずに保護するにはどうすればよいか? コストをかけることなく、コンプライアンスを確保するには? バックアップ/リカバリのプロセスを分かりやすい状態に保ちながら、要求の厳しいSLAを達成するには? 仮想サーバをフルに活用し続けながら、仮想環境のミッションクリティカルアプリケーションをどう保護するか?

 当データシートではそうした課題を抱えるIT部門のために、バックアップデータがリモート拠点、データセンター、ディザスタリカバリサイト、物理/仮想/クラウドのどこにあっても、シームレスに管理・活用できる「HP Data Protector」の機能を詳しく解説している。

 データ保護の特性としては、大部分の環境において、全てのデータタイプ、アプリケーション、場所、部門にわたって導入されているソリューションであるという点が挙げられる。多様なIT環境にまたがって急増しているデータおよびアプリケーションを管理するためには、さまざまな課題について考える必要があるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -