レビュー
» 2014年05月07日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Exchange Server 2010の課題を解決し、最適化できるCisco UCSサーバによるソリューションとは

高度なビジネス要件に対応できるMicrosoft Exchange Server 2010。しかし、従来に比べて、高いシステム要件も必要になる。Cisco UCSサーバを用いた高性能・高可用性の実現と、効率的な全体的なコスト削減手法を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業にとって、電子メールはミッションクリティカルなサービスへと進化し、ユーザの期待とサーバの要件も進化している。この変化に対応して、Microsoft Exchange Serverも過去数回のリリースで大きな変化を遂げた。

 Microsoft Exchange Server 2010 は、過去のバージョンと比較すると、大きなメモリ容量が必要になり、さらにビジネス要件に対応する高い可用性を実現するためには、サーバ・ストレージの地理的な分散を含む、サーバ、ストレージ、ネットワーク構成の再検討が必要になる。特に大規模な環境になればなるほど、導入時の複雑性が増し、安定した運用をすることが難しくなりがちである。

 このホワイトペーパーでは、Intel Xeonプロセッサを搭載した Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)サーバによる、効率的な、全体的なコスト削減の手法について説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ