レビュー
» 2014年05月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:XPだけじゃない!サポート終了迫る Windows Server 2003 移行シナリオ

2015年7月にサポート終了となるWindows Server 2003。サポート終了後も使い続けることのリスクやコスト・デメリットを検証し、Windows Server 2012導入により得られるメリットと移行の際のポイントについて説明する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 プロダクト・サポートが2015年7月に終了となるWindows Server 2003。サポート終了により、セキュリティー・リスクだけでなく、ハードウェア老朽化リスクも顕在化してくる。また今後のデータ増に対応するために拡張したくても古いサーバー、OSではその拡張性に制約が出てしまい、結果としてコストが膨らんでしまうことが考えられる。

 最新のWindows Server 2012を導入することでこれらのリスクやコスト・デメリットを解消できるだけでなく、新たに実装されたHyper-Vによる仮想化機能を活用することで、様々なメリットを享受できる。

 Windows Server 2003からWindows Server 2012への移行シナリオを提示し、移行先のサーバーとしてIBMのx86サーバーであるIBM System x が最適な理由について説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -