ニュース
» 2014年05月13日 15時04分 UPDATE

ビッグデータ分析対応のノンストップサーバ新モデル、日本HPが発売

「HP Integrity NonStop」サーバのエントリー新モデルとリアルタイム複合イベント処理の新ソフトウェアを発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは5月13日、無停止型サーバのエントリー向け新モデル「HP Integrity NonStop NS2300」と「HP Integrity NonStop NS2400」、リアルタイム複合イベント処理のソフトウェア「WebAction」を発表した。

 新型サーバは、インテル Itanium 9500シリーズプロセッサを採用(NS2300はシングルコア、NS2400はデュアルコアで動作)。プロセッサは最大4基、メモリが現行比1.5倍の192Gバイトまで拡張でき、上位モデルと同様にミッションクリティカルシステムに求められる高信頼性を実現している。ETLやJDBC/ODBCを用いた外部データ連携、DBMSやDWHとのリアルタイムのデータ複製や連携も可能となっている。

 新ソフトウェアのWebActionは、HP NonStop SQL/MXとの連携で外部のビッグデータ解析システムと連携する。ミッションクリティカルシステムにおけるビッグデータ分析・活用などを支援するとしている。

 税別販売価格はNS2300が1110万円から、NS2400が1937万円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ