ニュース
» 2014年05月14日 09時30分 UPDATE

SuiteWorld 2014 Report:クラウドERPの雄、NetSuiteが野心的なUIやB2B機能を披露 (1/2)

サンノゼで「SuiteWorld 2014」が開幕し、クラウドERPのリーダーは、ビジネスアプリケーションの新しいスタンダードを目指した野心的なUIや、B2Bでもオムニチャネルを実現する「B2B Customer Center」を披露した。

[浅井英二,ITmedia]
techmuseum.jpg サンノゼの象徴ともいえる「テックイノベーション博物館」

 米国時間の5月13日、シリコンバレーのサンノゼ・コンベンション・センターでクラウドERPの雄、NetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2014」が開幕し、6500人のユーザーやパートナーが参加した基調講演ではビジネスアプリケーションの新しいスタンダードを目指した野心的なユーザーインタフェースや、B2Bでもオムニチャネルを実現する「B2B Customer Center」が披露された。

 同コンベンションセンターは、2006年にGoogleのエリック・シュミットCEOが「クラウドコンピューティング」という言葉を初めて使った会場としても知られている。「すべては雲の中にある」と彼が表現したクラウドは、わずか8年余りで、企業コンピューティングの本丸であるERPも飲み込み、さらにその適用領域を広げようとしている。

 Oracleの技術者だったエバン・ゴールドバーグCTOがNetSuiteを創業した1998年には、まだ「クラウド」という言葉もなかったが、彼が掲げたアイデアは、企業の基幹業務システムという領域でも存在感を増しつつある。

 顧客企業が2万社に達したNetSuiteは、ERP/財務会計やCRMなど、フロントからバックオフィスまで、業務全体をひとつのクラウド型アプリケーションスイートでカバーする。顧客レコードにひも付けてすべての情報を一元管理し、営業、サポート、財務会計、配送、請求書など、すべての業務を継ぎ目なく進めることができるほか、ビジネスインテリジェンス(ダッシュボード)機能も併せて提供、各種のKPIによって業務や経営の「見える化」まで実現するのが大きな特徴だ。

 2年前のSuiteWorldカンファレンスでは、「NetSuite SuiteCommerce」を発表し、e-コマース機能も大幅に強化された。

 現在、19の言語、190以上の通貨に対応しているため、海外現地法人の経営進捗もリアルタイムで見える化できるという。

フラットデザインでビジネスアプリをさらに使いやすく

zack01.jpg NetSuiteのザック・ネルソンCEO

 NetSuiteはまた、クラウドアプリケーションベンダーとして、いち早くWindowsデスクトップのメタファーを脱し、いわゆるWebベースのモダンで野心的なユーザーインタフェースを提供してきた。

 初日の基調講演に登場したザック・ネルソンCEOは、UIに関する同社の足跡をたどりながら、Webベースアプリケーションにおけるインライン編集やAjax技術を活用したBIダッシュボードがその一例であり、また、ロールベースのUIという概念も同社が生み出した、と話す。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -