ニュース
» 2014年05月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:デスクトップ仮想化のための製品導入戦略ガイド

管理の一元化、リソースの最適化などの面でメリットが大きいデスクトップ仮想化。本製品導入ガイドでは、導入担当者がデスクトップ仮想化導入に際して見極めるべき事項、提案依頼書(RFP)作成の勘所、デスクトップ仮想化からBYODへの展開について解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 今やデスクトップ仮想化は成熟期に入り、セキュリティ対策、管理の一元化、モバイル対応(テレワーク含む)など、さまざまな目的で導入が進んでいる。本製品ガイドでは、3つの記事を通して企業のデスクトップ仮想化導入を支援する。

 1つ目の記事は、サーバベースコンピューティングの観点からデスクトップ仮想化を俯瞰しつつ、その市場動向、導入に際しての留意点、デスクトップ仮想化のメリットについて解説する。

 2つ目の記事では、提案依頼書(RFP)作成のノウハウを伝授。本稿で挙げた点に留意してRFPを作成すれば、ベンダーからより有益な提案を引き出すことが可能だ。

 3つ目の記事では、私物端末の業務利用(BYOD)をデスクトップ仮想化で支援する方法を解説する。また、デスクトップ仮想化と密接な関係にあるソフトウェアのライセンス問題や導入事例も紹介する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -