ニュース
» 2014年05月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware vSphereとの比較で考える、OpenStack超入門

OpenStackとはどのようなものか。VMware vSphereとの比較で考えるのが手っ取り早い。2013年11月のOpenStack Summit Hong Kongで両者の発想の違いを分かりやすく解説したプレゼンテーションの内容をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20130422_27672_290x290_miki.jpg

 一般企業でOpenStackに興味を持つ人は多い。この人々の持つ最大の疑問は、OpenStackはVMware vSphereに代わる企業ITインフラの基盤になり得るのかということにある。これについて、OpenStackが競合するのはVMware vSphereではなくvCloud Directorだと言う人がいるが、それでは上記の疑問に答えていることにならない。そう主張するのであれば、OpenStackとvCloud Directorはどこが同じで、どこが違うのかを言えなければならない。

 OpenStackをVMware vSphere/vCloud Directorとどのように比較するにしても、前提として知らなければならないことがある。それはOpenStackとVMware vSphere/vCloud Directorの間には、根本的な発想(アーキテクチャ)の違いがあるということだ。これはOpenStackあるいはVMware vSphere/vCloud Directorにどのように関わっている人でも、認めなければならない点だ。

以下では、2013年11月に香港で開催されたOpenStack Summit 2013 Hong Kongで、ラックスペースのオープンクラウドアーキテクトであるケネス・フイ 氏とヴイエムウェアのエンジニアリングアーキテクトであるスコット・ロウ氏が行ったプレゼンテーションの内容をお届けする。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -