ニュース
» 2014年05月27日 18時00分 UPDATE

ファイア・アイ、標的型サイバー攻撃の検知から復旧までに対応するソリューション発表

2014年1月に買収したMandiantのポートフォリオを組み込んだ「FireEye Security Platform」を第3四半期以降に展開する。

[ITmedia]

 ファイア・アイは5月27日、セキュリティソリューションの「FireEye Security Platform」を発表した。2014年1月に買収したセキュリティ調査・研究サービスのMandiantのポートフォリオを組み込み、2014年第3四半期以降に順次提供を開始する。

 新ソリューションは、FireEyeの脅威分析技術とMandiantのセキュリティインテリジェンスのノウハウを組み合わせることで、サイバー攻撃などのセキュリティ脅威の検知からインシデント対応、復旧までに対応するという。FireEye製品で検知された脅威についてアラートから実際の被害につながったかの調査・捜索を可能にするとし、Mandiantが提供する情報を活用して脅威への対応における意思決定を支援する。

 また、新たに不正侵入防御機能を提供し、検知した脅威のアラートに関する正確性を向上させ、リスクの大きいアラートへの効率的かつ迅速な対応を可能にするという。

関連キーワード

FireEye | サイバー攻撃


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -