レビュー
» 2014年06月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows XPサポート終了やシステムブラックボックス化対策を見据え対応すべきポイント

2013年6月に@ITで調査したシステムのブラックボックス化対策の結果と勉強会から解決法とIT部門としてすべき作業を説明。また直近に迫ったWindows XPサポート終了がサーバーサイドに対する課題もまとめている。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 システムズと@ITが2013年6月に行った共同調査によると57%の読者が「システムがブラックボックス化」していると回答している。また「システムのブラックボックス化」によりビジネス変化に迅速に対応できないと感じている。

 本来、企業競争力を高めるITシステムが足かせとなる可能性は大きな問題である。多くの企業のレガシーシステムのマイグレーションを支援してきたシステムズの顧客事例などを例に「システムのブラックボックス化」への対応策を説明する。

 また、2014年4月にサポート終了するWindowsXPの問題について、OSの移行という端末としてのXPの問題だけではなく、アプリケーションの開発環境と動作環境としてのXPという側面があることをを見過ごしてはならない。つまり、多くの企業がXPサポート終了後に、VisualBasic6.0で開発されたアプリケーションをどう運用するのか、移行する際の課題についても説明する。

 レガシー環境で運用を行っているIT部門担当だけではなく、システムがブラックボックス化」を感じているIT部門担当には一読していただきたいコンテンツである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -