ニュース
» 2014年06月04日 17時05分 UPDATE

2013年のUC市場は3.9%増、2014年以降も成長は続く――IDC Japan

IDC Japanによると、2013年の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場の規模は前年比3.9%増の2052億円となった。

[ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月4日、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーション市場に関する最新の調査結果を発表した。2013年の市場規模は前年比3.9%増の2052億5200万円となった。

 この結果について同社は、2012年から継続する企業の音声インフラのリプレース、また、Windows XPのサポート終了に伴うコラボレーティブアプリケーションの更新需要などを挙げている。

 2014年の同市場はこれらの更新需要が一巡して、通年では前年比成長率1.8%増と、成長が一時的に鈍化するとみる。しかし、2014年以降は企業のワークスタイル変化の要求による企業モバイルソリューション/ビデオコラボレーション/ソーシャルビジネスなど、「第3のプラットフォーム」が市場をけん引するとし、2013年〜2018年の年間平均成長率を2.9%、2018年の市場規模を2369億7200万円と予測している。

 IDC Japanでは関連ベンダーやシステムインテグレーターに対し、「UC&CアプリケーションのSaaS化を加速させ、同時にサブスクリプションタイプのプライシングモデル構築、マルチベンダーSaaSサービス管理を進めていくべきだ」としている。

idc0604.gif 国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 セグメント別売上額予測:2009年〜2018年(IDC Japanより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -