レビュー
» 2014年06月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:経理担当者100人に聞いた「請求書電子化の今」をレポート!郵送コスト削減を成功に導くポイントとは?

請求書をはじめ、顧客や取引先へ郵送している帳票の数々。コストや業務面の課題を感じていても、電子化には踏み切れないという企業も少なくない。実際の業務に携わる経理担当者100人に対し行った調査レポートを通じて、配信業務の改善を成功に導くポイントを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 請求書や支払通知書、納品書など、現在も多くの帳票が顧客や取引先へ郵送されている。

 紙による郵送は送料や用紙代、印刷代などのコストがかかるだけではなく、封入封かんのために発生する手作業は業務の負担も大きい。しかし、コスト削減や効率化のために電子化をしようにも、「前例がない」「法制度の面で問題がないのか?」「全ての相手先からは理解が得られない」といった理由から二の足を踏む企業も少なくない。

 本ホワイトペーパーでは、請求書等の配信業務に携わる経理担当者100人に対して行った調査レポートから、実際に多くの企業が「今」抱えている課題を明らかにし、システム化や電子化によって配信業務のカイゼンを「成功に導くためのポイント」を解説する。

 また、帳票配信クラウドサービス「@Tovas」(あっととばす)を活用し、実際に郵送と並行して50%の電子化を実現した事例、2人日の作業をゼロにした事例など、郵送コストの削減に成功したユーザー事例もあわせてご紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ