レビュー
» 2014年06月06日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:グローバル生産拡大を進める中、日産自動車が推進する海外拠点間のノウハウ共有の仕組みとは

日産自動車では、グローバル生産拡大を進める中で、海外拠点間のノウハウ共有に「Accela BizAntenna」を採用した。日産自動車でのグローバル化推進の取組みから「Accela BizAntenna」を選択した理由、活用状況まで具体的に聞いた。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 日産自動車では1983年に北米、イギリスでの生産を開始して以降、海外生産比率は年々高まり、2009年には70%近くに達した。最近では欧州、北米から、中国、タイ、インド、インドネシア、ブラジルなどLCC諸国(新興国)での生産にシフトしてきている。 

 海外での生産を開始した当初は、人手を中心とした生産ラインで、フルの生産能力を発揮できるようになるまでに6年かかったが、近年は自動化が進み、2010年に立ち上げたプロジェクトではほぼ1年でフルの生産能力を発揮できるようになった。

 自動化が進むとともに、生産台数を増やすだけではなく、納期・コスト・品質においても、立ち上げ直後から、非常に高いストレッチの目標を達成することが求められる。そこで日産自動車が取組んでいる方策について、具体的に聞いた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -