ニュース
» 2014年06月11日 15時55分 UPDATE

業務アプリ/ビジネス分析市場は継続成長、クラウド化が焦点に

IDCによれば、ビジネス分析市場は2018年まで年率4.8%成長が期待される。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月11日、国内のエンタープライズアプリケーション(EA)とビジネスアナリティクス(BA)ソリューションの市場に関する最新予測などを発表した。2013年の市場は、EAで前年比2.7%増の1兆9749億9200万円、BAで同4.2%増の9255億1400万円だった、

 2013年は、経済の回復からユーザー企業の支出額が増加に転じ、特に製造業を中心に業務システムの刷新や拡張、さらには大手企業における海外進出やグループ事業統合など経営強化を目的とする継続的な投資が市場全体の成長に寄与したという。

 2014年も引き続き堅調な成長が見込まれ、EAではERPなどの更新需要など製造業や流通業など複数の産業分野における収益拡大に向けたシステム投資が成長をけん引すると予想される。BAでは情報サービス業や金融業、通信/メディア業、流通業での顧客データ分析、また、デジタルマーケティングやEAソリューションとの連携が成長を促すとみられる。

 IDCが予想する2013年〜2018年の年間平均成長率と2018年の市場規模予想は、EAが2.0%・2兆1804億5100万円、BAが4.8%・1兆1707億7500万円。

 しかし、CRMを除く多くのシステムがオンプレミスを主流としており、市場の成長にはEA/BAソリューション

を複合的に活用するエコシステムの構築、クラウドサービスを活用した柔軟なソリューションが必要だとしている。

idc0611.gif 国内EA/BAソリューション市場予測:2013年〜2018年、出典:IDC Japan

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ