ニュース
» 2014年06月12日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:事例に学ぶ、ビッグデータ活用に向けたデータ統合のアプローチ

ビッグデータを活用したいが、BIが硬直化していて新規要件を追加できない……。こうした課題を抱えているのなら、自社のデータ統合環境を抜本的に見直すチャンスだ。サービス業、小売業、製薬メーカーの事例を交えて、ビッグデータ時代のデータ統合のアプローチを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ビジネスを取り巻くIT環境は変わり、それに伴ってデータ量は急増している。現在はビッグデータから速く安く価値を引き出すために、革新的なテクノロジーの活用に注目が集まっている。しかし、現在のデータ管理環境について以下のような課題を抱える企業は少なくないのではないだろうか。

  • DWHやBIが新しいデータソースや新規要件の追加に迅速に対応でない
  • 自社・グループ内のどこにどんなデータ資産があるか把握しきれない
  • 海外拠点やM&A企業など、複数システム横断でデータを見られない
  • 顧客データの重複や、仕様書と実態の乖離
  • 新規システムへのデータ移行がうまくいかない

 この資料では、サービス業、小売業、製薬メーカーの事例から見えた、「ビッグデータ活用に向けたデータ統合のアプローチ」を解説する。はじめの一歩となる「データ資産の棚卸」からデータの統制や活用、データ統合コストの削減まで、データマネジメントを網羅的に見直すための資料として活用してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -