レビュー
» 2014年06月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:セキュリティ専門集団が解説する「インシデント対応の5つの新常識」

進化するサイバー攻撃には豊富な情報と多様な分析を用いた備えが必要だ。IBMのTokyo SOC(セキュリティオペレーションセンター)のセンター長と、インシデント発生時に緊急対応サービスを提供する専門家が、インシデントへの迅速・確実な初動対応方法を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 全世界でさまざまな業種の顧客のデバイスを専門の技術者が監視・運用・管理を行うIBM Managed Security Service(MSS)。その中枢となるのがSOC(セキュリティオペレーションセンター)だ。東京の他、全世界10カ所で24時間365日体制で常にセキュリティの検証やウイルス、ワーム、不正アクセスの検知と迅速なインシデント対応を行っている。検出する不正ログは全世界で1日140億以上。まさに秒単位の対応が求められる過酷な現場である。

 このコンテンツでは、Tokyo SOCのセンター長が同センターで実践しているログ管理や高度なセキュリティイベント解析、一次対処の詳細など、一般企業では難しいインシデント対応について詳しく説明している。また、IBMの緊急対応サービス「Emergency Response Service」の担当者が、インシデント発生時の確実かつ迅速な初動対応方法を詳しく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -