レビュー
» 2014年06月13日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:4つの角度で解説する脅威事情 「次にやってくる脅威は何だ?」

ワールドワイドで行ったサーベイ結果を基に、セキュリティ担当者が今考慮すべき脅威事情を4つの角度で解説。モバイルやクラウドといったテクノロジーの採用に伴うリスクや、今後日本企業が直面するであろうセキュリティ脅威を説明する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業が長い年月をかけてセキュリティ対策を行ってきた。しかし、いつまでたってもセキュリティ対応は終わらないのが現状だ。社会環境は大きく変わり、クラウドやモバイルといった新しいテクノロジーが増え続けている中で、新しいリスクも増加している。また、従業員のワークスタイルの多様化やビジネスのグローバル化といった変化も新たなリスクを招いている。セキュリティ担当者は国内だけでなくグローバルレベルでのセキュリティ情報を収集し、新技術採用によるリスクや次世代に起こり得るリスクについても考慮しておく必要があるだろう。

 そこでこのコンテンツでは、企業が直面しているさまざまなリスクの現状を以下の4つの切り口で解説する。

  • 世界的にみたサイバーリスク事情
  • 日本におけるサイバーリスク事情
  • 新技術採用に伴うリスク
  • 次世代に起こり得るリスク

 IBMがワールドワイドで行ったサーベイの結果や顧客との会話の中で導き出した、それぞれのセキュリティ対策に必要な要件を整理する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -