レビュー
» 2014年06月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ仮想化環境のストレージ管理、5つの「あるある」の解決方法

サーバ仮想化による利点を全て生かすためには、それを補う堅固な基礎となる共有ストレージも必要だ。仮想化環境でよく見られる5つのストレージ課題とその解決方法を解説しよう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業が、サーバ仮想化ソリューションを導入済み、あるいは導入を検討している。一方、サーバ仮想化による利点を全て生かすためには、それを補う堅固な基礎となる共有ストレージも必要だ。しかし、サーバ仮想化環境にはストレージのディスク管理、運用上の課題が山積みしがちだ。この資料では、以下のようなサーバ仮想化環境によくあるディスク管理上の5つの課題を挙げ、その解決方法を示す。

課題1:データ量が増加し、ディスク容量が足りない

課題2:一向に終わらない、エンドレスなバックアップ作業

課題3:複数のディスクの管理が煩雑で非効率

課題4:ディスクアクセスのパフォーマンスが悪い

課題5:やっぱりディスクは、信頼性が気掛かり

 ディスク容量の使用領域の無駄を排除し、バックアップを素早く簡単に行うにはどうすればいいか? 特にVMware製品で仮想化環境を構築している企業にぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -